カテゴリ:実験( 8 )

 

スニ41 点灯試験

こんばんは。
作成中のスニ41の照明&テールランプの点灯試験をしてみました。
室内灯には、サイドビューのチップLEDに470μFのコンデンサを繋いでいます。
テールランプには、1608の赤色チップLEDに100μFのコンデンサを繋いでみました。



コンデンサが効いて、前後進スイッチを切り替えたときに、室内灯がボヤ~っと消えていくのがわかるかと思います。進行方向の確認のため、KATOのスハフ42を並べて点灯させてみました。
[PR]

by dambo-meguro | 2008-06-22 02:20 | 実験  

第6回 LEDの点灯実験

こんばんは。

今回はKATOのモハ488に抵抗を繋ぎ、ヘッドライト&テールライトとヘッドマークの「常点灯化」について実験してみました。
まずは、こんな感じに分解します。
黄色い丸は、組み立て時に間違えないためのシールです。

d0106010_1161986.jpg


これは、モーター部のアップです。

d0106010_1224543.jpg


赤丸のところに、集電板に絶縁用のセロテープを張ります。

d0106010_1251194.jpg


絶縁板を元のところに戻します。赤丸のところが、絶縁用のセロテープを張ったところです。

d0106010_1274212.jpg


100Ωの抵抗を実装します。赤丸が100Ωの抵抗です。

d0106010_130232.jpg


横から見るとこんな感じです。モーターシューの横に抵抗をハンダ付けしています。

d0106010_1305615.jpg


この程度なら、床下機器のカバーも当たりません。
台車を元通りにはめ込みます。

d0106010_1344149.jpg


横から見てみます。回転シャフトに抵抗が干渉していないことを確認します。
座席のパーツを取り付けます。

d0106010_1364025.jpg


床下機器カバーをはめ込みます。

d0106010_1372393.jpg


ここで、試運転をしてみます。
まずは、実装する前に、100Ωの抵抗を繋いでの確認です。
テスターの値が見え難いですが、約5.5Vあたりからモーターが回りだします。



次に実装した車体で確認を実施しました。ここときは、約5.3Vあたりからモーターが回りだします。



いよいよ線路に置いての試験です。



なんと、起動電圧は6Vあたりです。
ここまでは、良かったのですが・・・
ちょっとスピードがでません!碓氷峠でEF63とのコンビならこれでも問題ないかも。
しかし、普通に走らせるには、ちょっと遅すぎです!
で、抵抗を100Ωから75Ωに変更してみました。先頭車両を確認のために置いてあります。



これだと5.5Vあたから動きだしました。電圧を5V以下にすると、モーターは回らず、ヘッドライト&テールライトとヘッドマークが点灯していることがわかると思います。
最後に、車体をつけての確認です。



これで、なんとか「常点灯化」用のモーター車が出来上がりです♪
[PR]

by dambo-meguro | 2007-12-05 01:56 | 実験  

第5回 LEDの点灯実験

こんばんは。
今回はモーターと可変抵抗を直列に繋いでの実験です。

まずは、いつもの基盤で確認です。



3VあたりからLEDが点灯します。
これに、モーターを繋いでみます。
一応、線路に電源を接続して、線路から電源をとり、モーターをまわしてみます。
モーターの音がうるさいので、音量にご注意ください。



モーターは0.5Vあたりからまわりだしますが、LEDは5Vになってもちょっと暗いです。
このモーターと直列に抵抗を入れてみます。
このモーターが70Ωくらいの抵抗値で、可変抵抗は20Ωくらいにしています。



LEDが点灯してからモーターがまわりました。LEDも明るく点灯します。
これがNの車両でできたらいいのですが。。。現実は厳しいですね。
[PR]

by dambo-meguro | 2007-11-29 17:23 | 実験  

第4回 LEDの点灯実験

こんばんは。
今回は、コンデンサに10μF、47μF、100μF、470μFの4種類で実験してみました。
使用した環境は、第3回の実験と同じ基盤にコンデンサを接続して測定しました。
まずは、10μFです。



次は47μFです。



次は100μFです。



最後は470μFです。



結果はやはり容量が大きいと効果大ですね。ただ、10μFでもチラツキ防止には十分かも。
[PR]

by dambo-meguro | 2007-11-28 02:54 | 実験  

KATO 489系の走行電圧を測定しました。

こんにちは。
我が家の「虎の子」電車のkATOの489系の走行電圧を測定してみました。

まず、489系の12連です。




この編成のモーター車は、3Vあたりから走り出し、スムーズに加速していきます。6Vあたりでちょうどいい感じの速度になります。
次はEF63重連+489系11連です。



489系とEF63は協調性がないので、モーター車を外した11連をEF63の重連で牽引しました。
EF63は重連でも2Vあたりから走り出します。ただ、6Vあたりでも、走行スピードは控えめです。

さて、この489系12連に照明を組み込むとどうなるのか。。。
次回に続きます。
[PR]

by dambo-meguro | 2007-11-27 15:33 | 実験  

第3回 LED点灯実験

LEDの点灯実験の3回目です。
今回は、コンデンサを組み込んだのですが・・・
まずは、LEDと電源を直結です。



USBカメラで撮影しているので電電のON/OFFでも残像が残ってる感じになってしまいます。
で、こちらがコンデンサを組み込んだものです。



なんか直結と変化がないです。
コンデンサの容量不足なのか、回路への組み込み方が間違っているのか。。。
マダマダです。(^^;)
[PR]

by dambo-meguro | 2007-11-23 22:37 | 実験  

第2回 LEDの点灯実験

こんばんは。
LEDの点灯実験の2回目です。
今回は、ダイオードにブリッジダイオードの使用とLEDを電球色を使用して、進行方向に関係なくLEDが点灯することを確認してみました。
また、古い関水の機関車での電圧測定もやってみました。
その他、KATOのEF63の単機と重連の比較もしてみました。



関水のD51は起動電圧が4Vあたりでちょっと高めですが、一番古いEF65は3Vあたりで飛び出します!(笑)
これからも、いろいろとデータを取っていくつもりです。

動画をチェックしたら、タイトルが・・・関水じゃなくKATOってしてるし、EF63じゃなくFE63になってる!まぁいっかぁ~(^^;)
[PR]

by dambo-meguro | 2007-11-23 17:52 | 実験  

第1回 LEDの点灯実験

こんにちは。
LEDの点灯実験をやってみました。
使用したのは、マイクロエースのEF62、TMOMIXのEF81、KATOのEF58(上越型)、EF63の4種類です。



やはりKATOの2両は、走行性能が抜群です。
しかし、低電圧から動くので、LEDの点灯と同時にスタートです。
機関車だけでなく、客車も繋いでいろいろ実験が必要かも。。。
[PR]

by dambo-meguro | 2007-11-22 14:48 | 実験